皮膚と鍼について

※当ホームページをご利用していただくにあたり、まずはこちらのページのご利用前にをご確認下さい。

<目次>


2.緊張


東洋医学ではアンバランスな状態を「虚実(きょじつ)」と呼んでいます。
実感しやすいところでは、

 ・筋肉(緊張/弛緩) ・思考や感情(集中/散漫) ・感覚(鋭さ/鈍さ)

などがあります。

アンバランスな状態自体は刺激への対応、環境への適応のために必要です。
しかし刺激がなくなってもニュートラルな状態に戻らない場合、その刺激への反応状態が少しずつ固定化していきます。
特に苦痛(の記憶)を強く回避しようとしたり、快楽(の記憶)を永続させようとすることで強まります。
それは「感じたこと(記憶)」を「感じていること」として処理している状態です。
新たな情報から変化・対応すること(学習・適応)が部分的にできません。
外界との境界である体表は反応の門であり、そういった固定化の要です

固定化は境界を部分的に閉鎖します。
皮膚感覚の知覚が部分的にできなくなり、心身の現状認識が部分的に(もしくは特定の状況において)滞ります。
それに伴なって分離の感覚と不安、そして緊張が生じます。
そして生まれ持った傾向(素因)の上に積み重なる条件付けとなり、動き、呼吸、身体内部のはたらき(消化排便)、感情や思考などへ影響します。
強いストレス刺激や持続的なストレスはその対象(刺激)がなくなった後も心身に習慣として残り、影響を及ぼし続けます。

運動面では身体イメージが部分的に妨げられ、筋緊張と皮膚の弛緩がズレます。
過度な筋緊張が戻らず、動き方、姿勢や重心、関節の位置などにズレが生じます。
そして身体のコリや動作制限、疲れやすさや慢性疲労、冷え(血流障害)などが出てきます。

また精神面では、感じ方や考え方が偏り、自分や他者の感情に鈍くなったり過敏になったりします。
過度な偏見や思い込み、劣等感や優越感、無気力、依存性、イライラなどが現れてきます。
反対に自発性や自立性、考え方や動き方の柔軟性、楽しさ、存在している実感、肯定感などは損なわれていきます。
それらの結果、治癒力も妨げられ、制限されます。

しかし変化しないものは次第に意識できなくなるので、緊張(偏り)に気づき、解消することが出来ません。
緊張状態が自己イメージの一部となり、それを維持・存続させようとする強い力がはたらきます。
(自己イメージも対象ですが、そのように認識できないイメージが緊張となっています)
そのため変化に対して、それがたとえ治癒のプロセスであっても、反発や抵抗が生じます。
そして更に緊張が強まり、対象として観察や検証をすることがより困難になります。

強い外部からの刺激によって変化を強制されると反発が生じますが、もし反発できない場合は無力感が生じます。
他者から「姿勢が悪い」と指摘されても意味がないばかりか悪化するのはその一例です。
また、問題を一時的に感じなくさせる麻痺刺激に対しては依存が生じます。
(よくなっている実感がないまま電気治療や強いマッサージに長期間通い続ける人は多いです)
それらのやり方は『北風と太陽』のお話に出てくる北風のようなものです。
注意の焦点を強制的に変えることで症状が一時的に変化したように感じても、目的とは反対の結果を招きます。
単に気持ちよい刺激=快感でもありません。
それは感覚(記憶)への新たな執着となって緊張を生み出します。
胃腸が弱っている時に元気になろうと刺激の強い物を食べても更に胃腸が弱っていきます。
胃腸(消化管)と同じく外界との境界である皮膚も、慢性的な緊張(ストレス)で弱っている時はそれに応じた刺激が必要になります。

緊張を解除する糸口は体表(皮膚感覚)にあります。
体表のツボへの明確に認識できない鍼刺激によって、ツボが変化して全体に波及していきます。
刺激を明確に認識できないので、自己イメージを存続させようとする働きに干渉されません。
意識できないところで変化が起こるため、変化に気づくまでに間(ま)が生じた後、現在の状態を再認識します。
身体の変化を最初に意識するのは多くの場合、筋緊張です。
それまでの状態との差異を感じとる(識別)ことによって、以前の緊張状態が認識できるようになります。

生じた変化はその後、習慣の根強さや識別力や理解力との関係に応じて元に戻されます。
しかし、続けていくことで観察力や識別力が高まり、無自覚に行っていた緊張の習慣(パターン・傾向・癖)をより明確に認識していきます。
認識や理解が深まることで、緊張の習慣は次第に弱まっていきます。
緊張の程度が軽くなり、解消するのも早くなります。
慢性的な症状の場合は元の状態に戻ろうとする力も強く、行ったりきたりする時期や一時的に退化する時期もありますが、 続けていくことで少しずつ変化していきます。

おおむね、

1)緊張に全く気づいていない状態
2)緊張に気づき始めたが、他の何か(筋肉のコリなど)のせいにしている状態
3)緊張は自分が力を入れていることで起きていると認識する状態
4)緊張を観察し、識別する段階
5)習慣的な緊張が解消され、緊張が生じても自分で回復できるようになる段階

といった段階を経ていきます。

緊張に気づき、「もはや力を入れている必要がない」と理解することが緊張を解消していく方法です。
体表の鍼治療は身体を不要な緊張から解放するための施術です。





前のページへ | 次のページへ


“脱皮できない蛇は滅びる”

  ニーチェ 「曙光」より

Copyright©2015 Kyugadou acupuncture room. All rights reserved.
当ホームページ上のコンテンツ(文章など)の無断転載は禁止します。