皮膚と鍼について

※当ホームページをご利用していただくにあたり、こちらのページのご利用前にをご確認下さい。

<目次>


3.境界



精神分析家で医師のD.アンジューは著書「皮膚-自我」の中で、

“心的なあらゆる活動は、生物学的な機能に基礎をおいている。
皮膚-自我もその基礎は皮膚の様々な機能にある”

と述べています。


皮膚へ鍼施術を受けると、境界に対する意識が賦活してきます。
身体面では「どこからどこまでが自身なのか」といった身体境界に対する注意力が向上することで、慢性的な(不要な)筋緊張が変化します。
それに伴なって動き方や姿勢も変わりますし、身体的な他者との距離感(間合い)なども変化していきます。
また、「自分ではないモノ」である老廃物の排泄機能が活性化されたりします。

精神的な面では「自分の気持ち(今ここで自分がどのように感じているか)」に気づきやすくなっていきます
そして対象(他者やモノなど)が自分にとって本当に合うかどうかといった部分が変化していきます。
それに伴なって精神的な距離感や境界線も変化します。
免疫機能は”自己・非自己の識別”ですが、こういった精神的な境界意識は「心の免疫」と考えています。
(皮膚表面は実際に免疫機能の最前線です)


心身の境界意識は生まれもった枠組みを基に、胎内での直観的な触れ合い、出生後は保護者との直接的な温かい触れ合いの中で成長していきます。
そのような保護された環境で、”自分が守られていること”や”接触の心地よさ”等を皮膚感覚を通して自然に意識します。
(皮膚自体が保護器官であり感覚器官です)

乳幼児期の直接的な接触体験が土台となり、その後の他者との間接的な触れ合い方(社会での接し方)が形成されます。
保護者との温かい接触体験は自分を守るための境界となり、健全な自他境界は健康的に生きていくために必要な能力です。
必ずしも「保護者=親」ではなく、実の親でなくても信頼できる人間関係からでも学ぶことができます。

東洋医学では境界について、外部(外界)から内部を衛(まもる)ために体表を巡っている気を「衛気」(えき・えいき)と名づけています。
そして体表への鍼治療が古くから行われていたことも東洋医学の書物に記されており、体表を境界として重要視していたことが伺われます。



乳幼児期に温かい触れ合いが極端に少なかったり不快な(負の)接触が多いと、境界意識は発達を阻害されます。
小さい子供は温かい接触を求めて環境を変えることや不快な接触から逃げることができません。
はじめは不快な接触に抵抗して泣き叫んでも、最終的には接触面である体表(皮膚感覚)から意識を後退させるしかありません。
緊張によって境界を閉鎖することで内側を守ろうとします。
それは緊急避難ですが、その状態が続くと緊張と分離の感覚が習慣化されます。

乳幼児期を過ぎても親は子供の境界意識に大きな影響を与えます。
親が慢性的に緊張や不安を抱えていると子供との適切な境界を意識(設定)できません。
親自身の緊張や不安から目を逸らすために子供を犠牲に(ターゲットに)しますし、子供の境界を侵害することで自立(境界意識の発達)を阻み、いつまでも子供を支配しようとします。

子供のありのままを受け入れることなく常に強制・強要・否定で接したり、一貫性なくその時の気分で子どもに怒ることで、子供は落ち着いたり安心できる時と場が奪われていきます。
常に緊張し、安心感や自信が低下していきます。
特に転居・転校や(親の)離婚、死別などは親(大人)だけでなく子供にも強いストレスとなりますが、子供への適切なケアがなされず更に親が自分のストレスを子供にぶつけることで子供のストレスは凄まじいものになります。
不安定な家庭環境(機能不全家族)の中で子供は自分自身を見失っていきます。




後天的な習慣化や条件付けは常に行われています。
大人になってからの精神的ショックや持続的なストレス(様々なハラスメント等)もその程度と自分の対応力に応じて心身に影響を及ぼします。
そしてそれは次第に習慣となって固定化していきます。
しかし、心身の基本的な仕組みが出来上がる段階(乳幼児期)や、逃げ場のない子供時代に親との間で培われた緊張の習慣は根強いものとなります。
特に親子関係に問題があったことを自覚していない場合、より強固なものとなって組み込まれて(刷り込まれて)います。

そのような緊張の習慣は身体が成長しても、物理的に親から離れても、なかなか抜けません。
(幼少時の強いストレスは遺伝子にまで影響することが分かってきているようです。※1)
緊張状態が習慣となり、同じようなパターンを繰り返してしまいます。

周囲との関係性においては境界(自分の枠組み)を適切に設定することができず、ストレスを溜め込みやすくなります。
また、肯定感が低く、温かい(快い)触れ合いの感覚を関係性の基準にできないため、本来自分自身にとって心地よい環境や関係性に背を向けて不快(不適切)な方へ近づいてしまいます。
攻撃的な人間(捌け口を探している人)のターゲットとなりやすいですし、相手(対象)を識別したり理解する過程を飛ばして一体化しようとするなど、盲信、依存、中毒などの問題も生じやすいです。
ストレスが容易に「自分」という境界を侵して立ち直りが遅く、不安感や否定的な感じ方・考え方に支配されます。
身体は慢性的に緊張しているため疲れやすく、肩こりや頭痛、腹痛に悩まされたりします。
そしてその人の弱い部分から深刻な症状となって表面化してきます。
東洋医学的には身体と心を守るための衛気が機能不全に陥って治癒力が低下している状態と言えます。


結局のところ、病気そのものも境界の問題に行き着くのかもしれない。
病気になりやすいタイプを予測する研究を見ると、いちばんリスクが高いのは、
自律性をもった自己意識がまだ確立できていない時期に境界を侵害された人なのである。

『身体が「ノー」と言うとき‐抑圧された感情の代価』 ガボール・マテ著 より



しかし、心身に問題が現れても内部の治癒力を信頼すること、安静にして治るのを待つこと、自然な治癒反応に身を委ねること、などができません
安易にその場しのぎの対症療法(薬や強い刺激治療)を繰り返して治癒の反応を止めるなど、治癒力に過干渉して妨げてしまいます。
それはまるで、かつて自分が親からされたことを自身に対して再現するかのようであり、ある種の自傷行為のように見えます。

たとえ薬や強い刺激で問題が改善したように感じても、それは一時的に問題を飛ばしたに過ぎません。
問題を無理に押さえ込み続けることで、ストレスへの防御力や疲れからの回復力は更に低下していきます。


自分の心の古い深い傷、特に親から保護されなかった(受け入れられなかった)という想い(記憶)を認めるのはとても困難なことです。
心身の症状に悩まされても、その根本の問題と向き合うことはとても辛いので目を逸らそうとします。
不安や焦りから自分ではどうしようもない外の問題をどうにかしようと心配してあがき続けたり、何か(誰か)に自分の存在を認めてもらおう(期待に応えよう)と無理な行動を続けたりして疲弊していきます。

そうすることでそれまでの自己イメージにしがみつこうとしますが、結局、自分で自身を攻撃し続けていることになります。
根源的な安心感や肯定感は緊張で覆われ、切り離された分離の感覚(孤独感・不安感)が強まり、治癒の方向を見失っていきます。
境界の問題は社会的地位や職業、経済力などとは関係がなく、それらが強い(高い)場合や宗教が絡んでいる場合は問題が表面化し難いです。



親に受け入れられなかったことは親の側の問題であって、自分(子供)の問題ではありません。
自分自身の、境界の問題に取り組まなければ取り巻く困難は変わりません。

運命を嘆いていても、親を恨んでいても、愛されなかったことを恥ずかしがっていても、相手の変化を期待したり相手を無理に変えようとしても、親と同じように自分より弱い立場の他者を攻撃しても、問題は改善されません。
いつかどこかで方向を転換する必要が生じてきます。

きっかけとしては自分の限界や無力さを強く感じた時、病気になり死を強く意識した時、大切な人ができた時(パートナーや自分の子供が生まれた時)などがあります。
人はそういった時に真剣に人生の意味を考えたりします。
大切な人へ負の連鎖を起こさないために強い意志で自分自身の緊張(の解除)に誠実に真剣に取り組んでいくことになります。



慢性的に緊張している場合、心身の声を拒絶すること、無視することなどが根強い習慣となっています。
体表(皮膚)への自然な意識が部分的に閉ざされている状態であり、境界が適切に機能できません。

緊張状態を解き、境界の機能を回復(成熟)させていくためには、境界を意識する(体表状態を対象として意識する)トレーニングが必要です。
子供時代に「自分がどう感じているか」に気づいて対応してもらうこと、「ありのままの自分を受け入れられること」などの経験が不足(欠如)していると、自分自身に対してそれができません。
保護者との関わりで習得できていなかったことを自分で自身に対して行い、自然なものになるまで習得していくことが必要になります。

体表の鍼治療は境界(体表)に耳を傾けること、自分自身への静かな観察を学んでいくことをサポートします。
身体境界である体表、中でもツボは緊張状態(分離の感覚)と密接に結びついています。
そのため直接的なアプローチとなります。

鍼施術によって生じる心身の変化に対して注意深い観察を続けていくことで、緊張が識別され、対象化されていきます。
それまで意識できなかった(無視していた)心身の現状が認識できるようになり、境界の再編・再構成が始まります。

そのプロセスにおいて自他境界が現実と異なっていたり、不適切に設定していたこと等に気づいていきます。
積み重なっているストレスや疲れ、抑圧していた感情や記憶、身体に余分な力を入れ続けていることなどを認識し、自分自身への理解が深まります。

一時的な不快感や不安感を伴なうこともありますし、周囲との関係性において傷つきやすくなったり軋轢が生じることもあります。
また、それまでできていたことが一時的にできなくなったりすることもあります。

しかし、それらは治癒へつながるプロセスです。
一見退化と見えても、次のステップに進むためのサナギの状態と言えます。
それまでの枠組みが再編されていくのに伴なって、変動は徐々に収まっていきます。
そして人間関係や物事の感じ方・考え方、身体のバランスなどが以前より無理のないものへ落ち着いていきます。
問題の深刻さによっては途方もない時間がかかるかも知れませんが、自分自身を静かに見守り、育てることに誠実に取り組めば着実にプロセスは進んでいきます。



体表の鍼治療における治癒プロセス(自他境界の再編プロセス)の内容は人によって様々ですが、その段階にはある程度共通するパターンを見ることができます。
それは文化人類学者であるファン・ヘネップやV・ターナーが示した通過儀礼の過程(「境界前(分離期)―境界上(過渡期)―境界後(統合期)」と似ていると思われます。
体表の鍼治療は体表(境界)に注意を促すことで、緊張と結びついていたそれまでの自己イメージが変化(変容)していきます。
そして自他境界が再編され周囲との関係性などが変化します。

また、古くから様々な文化で蛇は「脱皮」の象徴とされてきました。
特定の体表部分(の状態)と連なる記憶(自己イメージ)と同一化して体表を対象として意識できなくなっている緊張状態から、緊張を識別(対象化)して抜け出していく(抜け落ちていく)過程はある種の脱皮とも言えます。

蛇が脱皮して旧い皮を捨て去るようなものである。

ブッダのことば(スッタニパータ) 中村元訳より


そして境界再編のプロセスは旅とも似ています。
普段生活している場所とは異なる環境を旅すると、皮膚表面の状態も大きく変化します。
通常より周囲に対して警戒しますし、逆に通常よりも心を開き状況に身を委ねることになります。
周囲が自分自身を見る目も日常とは異なります。
それは「体表-境界」に対して普段より意識的(非日常)になることを意味します。

体表への鍼施術は直接的に皮膚表面を変化させますが、その後物事をそれまでとは異なった角度や観点で観たり、何か新鮮に感じたりすることがあります。
そういった非日常の感覚(視点)はしばらくすると元に戻ります(消えます)。
しかし忘れてはいてもどこか記憶に残って種になります。
それはやがて日常の中に点として現れて、次第に点が増えてつながっていきます。


体表を巡ることは自分自身を旅することになります。
慢性的な緊張を解いていくための、緊張の源流を辿る旅です。




※1Epigenetic regulation of the glucocorticoid receptor in human brain associates with childhood abuse


前のページへ | 次のページへ

“犀の角のようにただ独り歩め”

  ブッダのことば(スッタニパータ) 中村元訳より

Copyright©2015 Kyugadou acupuncture room. All rights reserved.
当ホームページ上のコンテンツ(文章など)の無断転載は禁止します。