皮膚と鍼について

※当ホームページをご利用していただくにあたり、こちらのページのご利用前にをご確認下さい。

<目次>


4.ツボ


当院ではコリ(硬結)や圧痛点に鍼をしていません。
訓練された手の感覚を基に、体表のツボを探して鍼をしています。
その位置は教科書通りのこともあれば異なる場合もあります。
ツボは様々な要因で変化するので、その時その場の観察が重要となります。
同じ病名でもツボへの現われが異なったり、異なる病名でも同じツボに反応が出ることもあります。
そのため「この症状にはこのツボ」などと一概に言うことはできず、基本はあってもマニュアル化することができません。

自分が南谷先生から学び始めた時にまず戸惑ったのがこの点です。
それまでも様々な勉強会に出席しましたが、「こういう時はこの状態(証)だからこのツボ」などといったことを教える所が殆どでした。
先生から教えていただくのはまず技術であり、手(身体)の使い方でした。
そして座学は「腎間の陽気を高めること」などで、当時はとても抽象的に思えたものでした。
(今では逆にそれが本当によかったと思います)

基本的に体表の鍼は刺す鍼やマッサージや指圧とは異なる技術です。
たとえそれらの技術があっても、はじめは体表のツボを手で感じ取ることができません。
自分もそれまでは刺す鍼やマッサージをしていたので、内部のコリや圧痛点を探したり理屈主導で考える習慣がありました。
そういった習慣が残っている間は意識の焦点が体表(皮膚)に合わなかったのか手が固く鈍感だったか、体表のツボは分かりませんでした。
体表のツボを実際に感じ取れなければ闇雲に鍼をすることになり、逆に問題が悪化することもあるため治療ができません。

そのため鍼を刺すことや強く押すマッサージなどを完全にやめて何年か探し続けることになりました。
水面に浮かぶ木の葉をそっと探すような感じで、体表を強い刺激で乱したり自分に余分な力が入っていたりすると分からなくなります。
時間をかけて暗中模索するしかなく、体表状態を感じ取る能力(識別力)を高めていくことで、少しずつそういった体表のツボを感じ取れるようになっていきました。
誰でも訓練を積み重ねていくことで体表のツボを感じ取れるようになっていくとは思いますが、自分の場合は先生に直接的に方向性を示してもらうこと(自分と家族で先生の鍼施術を継続して受けて効果を実感したという事実)が何より壁を越える大きなサポートになりました。
南谷先生の勉強会は同じ岐阜の宇野先生の施術を受けた時に紹介していただいたのですが、宇野先生には「あなたの年齢の頃には自分は既に鍼治療や脈が分かっていた。その年齢からだと辛いぞ。」と言われてました。
会社員を経てから鍼を学びはじめた自分にとって、南谷先生の勉強会に毎週参加しつつ施術を継続して受けたことは大きかったと思われます。


そして体表のツボは無理やり反応させることができません。
体表(皮膚表皮)のツボを感じ取っても、ツボへのコンタクトが適切でない場合ツボは反応しません。
権威や虚飾で誤魔化すことはできず、とても正直で嘘がありません。(特に「てい鍼」でなく「ごう鍼」の場合よりハッキリします)
明確に認識されない微細な鍼刺激であり、閾下知覚の領域です。
体表(皮膚表皮)の特異なポイントであるツボは、意識できない(抑圧している)問題と結びついています。
問題が大きいほど、それまで自分の境界を無視されて傷ついてきた人ほど、ツボは臆病になって頑なに引っ込んで閉じています。

ツボは敏感に刺激(相手)を感じて判断しています。
境界を侵害しようとする(刺す)気配だけでツボは固く閉じていきますし、刺したら次はその相手に対してより警戒を強めます。
そして皮膚(境界)の存在や役割を無視した刺激をすると問題が拗れて悪化していきます。
自分もそうでしたが、それまで鍼を刺していた場合、刺す(境界を侵害しようとする)気配が抜けるまで時間がかかります。
それは自然栽培や自然農法を始めても、それまで使用してきた農薬や化学肥料の影響が農地から抜けるまで何年もかかるのと似ていると思います。
習慣の変革はとても大変な作業です。

単に気持ちよい刺激=快感であればよいというわけでもありません。
そういった刺激は皮膚感覚の記憶への執着を生じさせ、新たな緊張となることもあります。
そして鍼を刺すこと、皮膚を強く押す(揉む)、お灸で焼く、電気刺激などとの併用や、「この人には刺す、この人には刺さない」ことなどもできません。
体表のツボに気づいて、その状態に応じて適切にコンタクトすることでツボは開きます(反応します)。
練習を続けていくと手が自然にツボに感応してそれに応じた鍼をするようになっていきますし、ツボの方から教えてくれるような感覚も出てきます。。
はじめは考えながら行っていたことが、ほとんど意識しないで行うようになり、後で「なぜそのツボに反応が出ていたのか」などの検証をするようになっていきます。

また、注意すべき点として、体表のツボに鍼が触れて静かに待つと緊張が施術者に伝わってくることがあります。
施術者自身も緊張して何かしら感情が出てきたり記憶を想起したりすることがあります。
それに振り回されたり積み重なると施術者も疲れていきます。
対人援助職(感情労働)における共感疲労と似ているかも知れませんが、とても直接的です。
刺す鍼や強く揉むマッサージをしている頃はそういった疲れはそれほど感じませんでした。
特に学び始めの内は、ツボから伝わってくる緊張を意識的に解消することが必要になります。
それもある種の技術です。
続けていくとそれほど意識しなくても自然に解消していくようになっていきますが、やはり完全にはなくなりません。
あわてず、静かに見守ることが重要です。


体表のツボは自然の成り行きとも言えます。
心身の調子が悪くなると疑心暗鬼になって慌てたり、自分や他者を責めたり、あれこれ考え過ぎて更に悪化させてしまうことは多いです。
しかし、大切なのはまず気持ちを落ち着かせることです。
堂々巡りを止めて適切な判断をするため、そして治癒力をはたらきやすくするため、ツボをはじめ身体や心の状態、そして生病老死を自然の成り行きと観る視点は有効です。
その基本は身体を自然であり小宇宙とする東洋医学です。
施術者側もその視点がないと「間違いを矯正する」「自分が治す」などといった考えに陥っていきます。
それは不要な力みとなり、逆に治癒力を制限してしまいます。
そういった力みを解消するためにも、施術者もツボの状態を自然の成り行きとして受け入れることが大切になります。

東洋医学は漢字という表意文字で、そして陰陽や五行をはじめシンボルやメタファーを使って表現されています。
それは言語や地域を超えて東洋医学が広まるのを助けただけでなく、施術自体にも影響しています。
感じ取った情報を通常の話し言葉に変換して理解しようとすると限定されてしまいますが、シンボルやメタファーは身体という自然を直観的に理解するのを助けてくれます。
それらは「あなたは○○です」などといった当てものの道具ではなく、非言語コミュニケーションを助けるツールです。
体表の鍼治療はツボを相手としたコミュニケーションであり、どれだけ科学が発達しても陳腐にならない実践的な療法です。




前のページへ | 次のページへ

    
“もっとも偉大なのはメタファーの達人である。通常の言葉は既に知っていることしか伝えない。我々が新鮮な何かを得るとすれば、メタファーによってである”

  アリストテレス 「詩学」より

Copyright©2015 Kyugadou acupuncture room. All rights reserved.
当ホームページ上のコンテンツ(文章など)の無断転載は禁止します。